傑作ギャンブル映画

ハリウッドはこれまで長年にわたり最高の映画作品を制作してきました。映像技術が目覚ましい勢いで進歩する時代に生きていることに感謝するばかりです。さて、映画といえば、読者の皆さんもお気に入りの作品がいくつかあるでしょうが、カジノ関連の作品を観られたことがあるでしょうか?よろしければ、以下に紹介するギャンブル映画の中で、見たことがあるものの数を下にあるコメント欄で教えてください。

モリーズ・ゲーム

いつもはクラシック映画から始めるのですが、今日は違います。『モリーズ・ゲーム』は比較的新しい作品ではあるものの、トップを飾るのに相応しい作品です。

この映画は、多くの有名ハイローラーご用達の違法ポーカークラブの運営者だった女性、モリー・ブルームの生涯を描いた実話です。主演女優の素晴らしい演技が圧倒されるほど素晴らしいだけでなく、その他の出演者全員の演技も称賛に値します。映画を見た後は、14年前にニューヨークで開催された違法賭博に実際に参加した有名人について思いを巡らすことでしょう。

ハスラー

製作されてからすでに60年もの年月が経過したとは信じられませんが事実です。主人公のビリヤードプレイヤーは、友人と一緒に旅をしながらギャンブルで大金を稼いでいました。しかし、他の多くの映画と同様、運は長く続きません。主人公(主人公っぽくはないですが)は、後に彼にとって大きな壁となる「ミネソタ・ファッツ」と出会うのですが、彼がどのようにしてこの困難を乗り越えたのかは、映画をご覧ください。

カジノ

ロバート・デ・ニーロとジョー・ペシがタグを組めば、見応えのある作品であることは間違いなしです。この有名コンビが出演している本作は、ラスベガスを舞台にしたギャンブル映画で、ギャングの要素がふんだんに取り込まれています。

カジノがあるところにはお金があり、そしてお金があるところでは犯罪が起こるのが世の常です。『カジノ』はアクション満載の映画であり、ギャンブルや豪華な生活には、裏切り、欲望、殺人、権力、金が絡むという通説をスコセッシ監督が見事に表現しています。タダで手に入るものなど、何もないのです。

熱い賭け

ギャンブル依存症は、誰もが陥る可能性があり病気です。裕福であろうと、どれだけ頭が良かろうと関係ありません。『熱い賭け』では、ジェームズ・カーンがギャンブル依存症の大学教授を演じていますが、自己破壊的で、精神的にも深刻な状況にありました。借金に追われ、さらに命の危険にさらされた彼は、思ってもみなかったことをしてしまうのでした。

この映画は、「節度の無いギャンブルは破滅につながる可能性があるため絶対に避けるべき」という教訓と警告に観客に送っています。ギャンブルが好きなら、全く止める必要はありませんが、節度を守り、大切な人のことを考えながらスマートに行いましょう。